空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 197

「好きだった」 そんなに涙を流すほど 誰かを愛した記憶は優しく


「好きだった」

そう話す君の瞳から、雨が降りそそぐ。


「大好きだった」

そう話す君の頬には、幾筋もの雫。



想い出を語る君は、眩しくて。
好きだ、と泣ける君が、眩しい。

いつか、私も泣きたい。
ただ一心に、愛した人を想って泣きたい。      


そんな風に 思わせてくれた友の、
「これから、少し充電期間!」と強がる友の、
次なる恋の花が 美しく咲きますように。

スポンサーサイト

別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<あしびきの・・・ | 空色の紙飛行機 | あの夢の 続きはあなたと描いてく ふたりの色で彩る未来>>

この記事のコメント:

No.168 きみに

きみに恋してよかった

涙は誰のためのものでもないよ
僕らの宝サ

おやすみ そらさん

明日も僕はがんばれる





2012-10-26 Fri 01:02 | URL | LongGoodbye #-[ 内容変更]

No.169 Re: きみに

恋の喜び 知ったけど、
恋の辛さも知りました。

あなたを想ってこぼれた涙は、
切ない海の味がしました。

おやすみ。
その声が、響いて また私は涙します。

それでも、これが宝物だと
信じて 今日も眠りにつきます。



今日も、また頑張ってくださいね^^
2012-10-27 Sat 11:17 | URL | 和葉 そら #-[ 内容変更]

∧top | under∨

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。