空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 193

努力家


      ひたむきな君の姿が眩しくて ボクは君を見つめられない


      こっそりと 君がこぼした その雫 花咲かせるよ 君という名の


 
スポンサーサイト

別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<週末課題 | 空色の紙飛行機 | はるすぎて・・・>>

この記事のコメント:

No.160 きみよ

何時間も眠ったようだ
時が止まってると勘違いしたんだ
今より明日は大人になる
時が急ぎ過ぎついていけないんだ
きみよ この世の果てまでも
きみよ この世が燃え尽きても
ちっぽけなこの僕だけど
きみよ きみよ 守ってみせるから






2012-10-20 Sat 16:33 | URL | LongGoodbye #-[ 内容変更]

No.161 Re: きみよ

今の私は、次の瞬間から 違う私。
ほら、今、言葉を紡いだのも、もう別の私。

時が止まることはないけれど、
あなたといると 時は止まったみたい。

ごめんね。
君を守る、と あなたは言ってくれるけど、
私は 君を守ってあげられない。
非力な この手が恨めしい。

だけど、せめて。
あなたの心は 私が守るからね。

小さな小さな私の言葉。
どうか、心の盾になれ。
どうか、心の糧になれ。

2012-10-20 Sat 16:47 | URL | 和葉 そら #-[ 内容変更]

∧top | under∨

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。