空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 173

サヨナラの日


9月19日

     今もまだ あなたの声が聞こえるよ 忘れられない愛がそこに

                              もう一度、名前を呼んで。
                              もう一度、手をつないで。



     永遠の別れを知った あのときの 母の一言 今も胸に

                             大切な人の、サヨナラの日。
                                初めて知った、サヨナラの日。


スポンサーサイト

別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<季節巡り・・・ | 空色の紙飛行機 | ボクらのうた>>

この記事のコメント:

No.127 手をつないでサ


その時少女は悲しみを知ったのか
その時少年は孤独を知ったのか

あの時の子供は青春を渡り
あの時の子供は大人を知るだろう

きみをひとりにしないと約束したじゃないか
何度つまづたにして胸を張って歩こうか
手をつないでサ 手をつないでサ
青空を 星空を たとえ降り止まぬ雨でも



2012-09-27 Thu 02:29 | URL | LongGoodbye #-[ 内容変更]

No.129 Re: 手をつないでサ

その時、知った悲しみは深く、
その時、知った孤独は大きい。

青い春は、知らぬ間に 私の手から過ぎ去って、
大きくなった手は、大人に近づいた。

この手から、何もかもがなくなった気がしたけれど、
ふと見れば、あなたの大きな手が 私の手を、
包んでくれていたの。

きみをひとりにしないと約束したじゃないか

あなたは、そう微笑んで。

あなたとなら、どこまでだって歩けるね。
青空を 星空を たとえ降り止まぬ雨でも。
2012-09-27 Thu 07:16 | URL | 和葉 そら #-[ 内容変更]

∧top | under∨

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。