空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 169

黄昏


     柔らかな ススキが揺れる 秋風に さみしさ連れて 夕焼け揺れて


     夕焼けに 照らされ伸びる 影法師 「ひとりじゃない」と 教えてくれて

                                     私の涙も、受けとめて。 

スポンサーサイト

別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<抜けるような空を見上げた 十六のボクの存在 小さすぎて | 空色の紙飛行機 | 一番の味方>>

この記事のコメント:

No.120 約束の小指

夕焼けにゆれる芒を黒髪にゆれ止まぬ心をこの胸に

この恋をさびしさ連れてきた秋の風も知らぬ約束の小指


あなたに話しかけてみたかった
さびしさを秋風が連れてくるから
素敵な言葉を私に下さい
恋する私はゆれています
夕焼けに伸びてゆく影法師
あなたの名前呼んでみたかった
待っていますいつもいつまでも
待っています天の川のほとり
その時がきたら手を離さないで
その時がきたら目を逸らさないで
好きだと一言くちづけを下さい


2012-09-16 Sun 18:52 | URL | 素敵な言葉 #-[ 内容変更]

No.121 Re: 約束の小指

秋風が 素敵な言葉 連れてくる さびしさ拭う あなたの言葉

夕焼けに揺れる芒が囁いた 「ほらね、君は一人じゃない」と 


あなたと話してみたかった。
さびしさ拭う言葉をくれるから。
素敵な言葉をくれたから、
私もあなたに 素敵な言葉を。

あなたに名前を呼んでほしかった。
「見守ってるよ」と言ってくれるから。
素敵な言葉をくれたから、
私もあなたに 素敵な言葉を。

すぐに行きます、あなたのもとに。
いつまでも待ってくれる あなたのもとに。
すぐに行きます、あなたのもとに。
天の川のほとりで手を振る あなたのもとに。

けして、この手は離れません。赤い糸で結ばれてるから。
けして、この目を逸らしません。あなたをこの目に焼き付けたいから。

約束の小指、いつまでも。
2012-09-17 Mon 14:19 | URL | 和葉 そら #-[ 内容変更]

∧top | under∨

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。