空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 130

0806 8:15

          
          閃光が 日常をサッと 奪い去り 多くの尊い 命奪った

                               知らない世代の私たちには、
                                 過去を知り、語り継ぐ義務がある。



          人間の 叡智は時に 牙を剥き 平和を求む 人々襲う

                        科学の力は私たちの生活を潤してくれる。
                           だけど、一歩間違えば 兵器へと様変わり。

                                        間違えてはならない。

                                        私たちが作っていく。
                                  平和な未来を、平和な世界を。




        国々が 戦う舞台は オリンピック 希望を与える 平和の象徴

スポンサーサイト

別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<真夏の図書館 | 空色の紙飛行機 | 夏祭り>>

この記事のコメント:

No.64 八月
空に傷そこから降る雨暗すぎてきみよ紙飛行機を今飛ばせ

きみも僕も生まれてなかった
僕らにできることは何だろうか
満たされてるようで現実はどうだろうか
生きてさえいれば何とかなると
八月のいちばん暑い日にそう聞こえた

夾竹桃みて泣いてゐる大人かな




2012-08-07 Tue 00:48 | URL | LongGoodbye #-[ 内容変更]

No.65 Re: 八月

飛び立った 紙飛行機は 雲間切り 希望に溢れる 青空見せた


あの夏がなければ・・・、
今、どんな世界だろうか

あなたも私もいない世界


あの夏があったから・・・、
今、どんな世界だと思う?

あなたと私がいる世界


この世界で、何ができるか、
何をしなければならないのか

過去と現在と未来は、陽炎で
ゆらゆらと揺れている

私の存在を焦がすほど、
八月のいちばん暑い日

現実を、今を、生きていこう

暑さに負けた私の脳は、
当たり前の答えしか浮かばない


桃色の 花弁がただただ 純粋に 綺麗と感じた 子どもの私
2012-08-07 Tue 17:53 | URL | 和葉 そら #-[ 内容変更]

∧top | under∨

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。