空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 291

蹴り飛ばしたき今日



         「優等生」 そんな私じゃないような誰かになってみたき明日



スポンサーサイト
別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 290

重症です。



        「おはよう」の声に胸がキュッとなる 体温上昇 恋煩いなり



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 289

迷うボクら



       庭の隅 迷いネコが丸くなる ボクらの居場所はどこなんだろうね?



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 288

優しいあなたに。



        ポトポトと 涙の町から降ってきた この星きっと あなたの涙



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 284

想い想われ・・・



     どうせなら想われニキビが よかったな 君を想ってる そんなの知ってる

                                   今さら、自己主張しなくていい。


     どうせなら想われニキビが よかったな それならニキビも少しは歓迎

                                     乙女心は、そんなもの。


別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 287

思春期



        春思う時期の心は ごちゃまぜで 一人になりたい 誰かと居たい


別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 286

手ぶらで会うよ



        君に渡すチョコレートはありません 私の想いで溶けちゃったから

                                   ただ この想いを受け取って。


別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 285

心配してくれてるのに、



       目の前に君がいるのに 強がってばかりの私は所詮 張りぼて

                                         こんな私でゴメン。



別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 283

夜空を追いかけて。


          寒空に燃えるオリオン 指差して 君が笑った あの日は遠く

                                      追いかけても届かない。


別窓 | 短歌 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 282

大胆に、勇敢に、可憐に。



      鮮やかに ボールとともに揺れている なでしこの花 咲かせよ乙女


                                生で会えるなんて!ドキドキしました!
                                            なでしこジャパン、応援してます^^





別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 281

歌うよ、



         ボクの歌 世界を救えやしないけど 君のこころを掬えたらいい


別窓 | 短歌 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 280

残照



        山の端にかかる夕陽が 横顔を優しく撫でる 午後5時03分



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 279

あの空の色。


         思いきり 深く大きく息をした 胸に空色 詰め込みたくて



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 278

友達と談笑しながら登校す 君の姿に春を見つけた


真冬の朝。
桜みたいな君の笑顔を見た。

瞬間、春色。



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 276

たまには辛くね!


      何もない 平凡な日々 少しだけ スパイス ピリリと香りをつけて


別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 277

帆船「そら」



         いっぱいの愛を帆に受け 快調に 船は今日も 波越え進む

                                    口笛を吹きながら。



別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 275

なにはがた・・・



    難波潟みじかき芦のふしの間も あはで此の世を過してよとや   伊勢


    芦ほどの短時間すら 君なしで 今を過ごすなんて不可能   和葉そら


別窓 | 和葉の百人一首 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No 274

すみのえの・・・


   住の江の岸による浪よるさへや 夢のかよいぢ人めよくらむ 藤原敏行朝臣


   夢の岸 寄りし君は夜でさえ 噂を恐れ 姿を見せず         和葉そら


                                 噂なんて怖くない。君に会えるなら。


別窓 | 和葉の百人一首 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。