空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 106

あまりにも 君が優しく 笑うから こらえた雫が 頬をつたった

君が帰ってきたら、

とびきりの笑顔で「おかえり」って迎えるつもりだったのに、
君の姿を見るなり、世界が ゆらり滲み始めてしまった。

ゆらり。ゆらり。心の中で想いが巡る。
言いたいことは たくさんあるのに、言葉にできない。

こんなときでも、私は素直になれない。

立ち尽くす私に、
「泣かないんじゃなかったのかよ」なんて、
いつものように鼻で笑って意地悪を言うから、
にらみつけてやろうと上を向いたら、

君が優しく笑うから、滲んだ世界は崩れてしまった。

言葉にできない想いを、大好きを込めて、背伸びして、
精一杯のキスをした。







あまりにも 君が優しく 笑うから こらえた雫が 頬をつたった…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。