空色の紙飛行機

空色の紙飛行機に想いのせ 言の葉託し あなたのもとへ
No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 104

メールなら 震える指で キー打って 本音隠して 笑っていられる


メール越しの会話なら、嘘なんて簡単につけるものね。

だから、私は嘘つくの。

だって、バレはしないもの。
私が今、どんな状況であろうとも。

どうせ見えはしないもの。
私の表情なんて。

どうせ聞こえはしないもの。
私の声なんて。

どうせわかりはしないもの。
私の本当の気持ちなんて。

だから私は嘘をつく。息するように嘘をつく。

どうせバレはしないもの。
私がベッドで膝を抱えていようとも。

どうせ見えはしないもの。
私の涙や赤い目なんて。

どうせ聞こえはしないもの。
私がつぶやく「会いたい」なんて。

どうせわかりはしないもの。
私のさみしい気持ちなんて。

・・・なんて、鋭い君には きっとバレているのだろうけど。

それでも、君を困らせたくない。君に心配かけたくない。

だから私は嘘をつく。「大丈夫だよ」と嘘をつく。

息するように嘘をつく。

メールなら 震える指で キー打って 本音隠して 笑っていられる…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 短歌 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
| 空色の紙飛行機 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。